理想の注文住宅はどう作る?注文住宅の選び方


理想となる住宅のイメージを固める

注文住宅を建てる際には、漠然としたイメージを設計士や業者に伝える前に、自分の中で理想となる住宅のイメージを固めることが重要となります。デザインや間取りを最初に考えがちですが、まずはどのような性能の住宅が欲しいのかを具体的に想像します。こだわるポイントは様々あります。耐震性能にこだわることもあれば、キッチン設備や発電システムにこだわる人もいるでしょう。その次に、間取りやデザインを考えます。

注文住宅に関する情報を集める

注文住宅を建てる際には、情報を収集することも重要です。欲しい性能や設備にどれだけの費用が掛かるのかといった情報をあらかじめ知っておくことができれば、より具体的に理想の家を想像することができるでしょう。情報収集をしていれば、土地探しや人気の間取りのパターンなどを知ることもできます。理想とする家の現実を知ることも可能です。業者の選び方にも役立ちます。

家族と注文住宅に関する話し合い

情報収集をして、理想となる注文住宅をイメージできたのならば、家族との話し合いが必要です。家族一人一人でこだわりたい部分は異なるでしょう。話し合って、どの部分の優先順位が高いのかを決めておけば、納得のいく家造りとなるでしょう。話し合いをせずに進めてしまうと、納得も行かず、暮らしにくい家になってしまうかもしれません。

業者と密接なコミュニケーションを

業者との密接なコミュニケーションをとることも重要です。業者側のプロの意見というものは非常に参考になります。また、理想を伝えたとしても、十分に業者が理解しているとは限りません。それらをチェックするためにもコミュニケーションが必要です。コミュニケーションがうまく取れない業者は候補から外すべきとも言えます。

2000万の家は予算配分にメリハリをつけることで満足度が変わってきます。1000万の家に比べ予算に余裕がありますが、沢山希望を盛り込むと予算をオーバーしやすい為、こだわりたい部分にメリハリをつけることが必要です。