賃貸オフィスにはどんなメリット・デメリットがあるの?


初期費用を抑えやすく移転もしやすい

賃貸オフィスを利用するメリットに、初期費用を抑えられることが挙げられます。自社ビルを構える場合は、購入するのも建てるのも多くの費用がかかってしまいます。会社を興した時などは事務用品などもそろえる必要があるので、初期費用が抑えられる賃貸オフィスをうまく利用したいものです。また借りているものなので、手狭になったときでも移転しやすいというメリットもあります。新たに事務所を借りるためその費用はかかりますが、広くしたり立地を良くしたりと目的に合わせて移転できるのは大きなメリットです。

長期でみると支出は多く、使用上の制限などがある

賃貸オフィスは自社ビルと比べた場合、長期的な視点で見ると支出が大きくなります。毎月家賃と共益費が発生し、それが積み重なっていきます。起業したときは自社ビルを持つのは難しいですが、経営が安定してきたら自社ビルを持つことも考えておきましょう。また使用上の制限があることもあり、使用時間・日時が制限されているオフィスもあります。このような場合は時間外にはオフィスが使用できないので、早番や残業で遅くまで仕事をすることができません。そのため賃貸オフィスを探す場合は、使用上の制限をしっかりと確認して選ぶことが大切です。その他にも、賃料の値上げ交渉の可能性もあります。そうなってしまうと最初は安くても、あとから賃料が高くなり経営が苦しくなることもあります。賃貸オフィスは、このようなことを総合的に判断して借りることが重要になります。

中央区で賃貸オフィスとは中央区に所在する賃貸用の物件で、オフィスとして用いられる物件のことを言っています。