注文住宅にも種類がある!?適した種類の選び方とは


注文住宅は2種類ある

自由度が高く、より理想の住まいを実現しやすいのが魅力の注文住宅ですが、実は種類が2つあります。注文住宅は全て自由に決められる「フルオーダー住宅」として依頼することもできますが、実はこの方法ではとても大変で手間がかかるため、ある程度仕様が決まっている「セミオーダー住宅」が選択されることが多いのです。どちらの方法もそれぞれメリットがあるので、注文住宅を依頼したい場合は2つの種類の違いを知っておくことも大切です。

フルオーダー住宅のメリットとは

フルオーダー住宅は、間取りだけでなく使用する建材の種類まで住宅の全てを指定できるためとても自由度が高く、自分の理想とする世界で一つだけの家を建てることが可能というのが最大の魅力です。ただ、その理想を実現するには依頼者に建築の知識が必要ですし、手間も資金もかなりかかります。そのため、フルオーダー住宅は資金力があり、こだわり抜いた最高の家を建てたいという人に向いている方法です。

セミオーダー住宅のメリットとは

自由度の高いフルオーダー住宅に対し、セミオーダー住宅は建築会社によって基本的な仕様が決まっていて、間取りや壁の色、設備のグレードなどを依頼者が決めるようになっています。そのため建築の知識がそこまで無くても良く、予算の都合もありますがこだわりを反映した自分好みの家を手に入れることができます。すでに完成した状態の建売住宅では無難な設計や他と同じような外観のものばかりで満足できないという人も、セミオーダー住宅なら個性のある家を作れます。

都心から近く通勤にも便利。低めの土地価格と、海が近く自然に溢れた神奈川の注文住宅が、ヤングファミリーから高齢者まで幅広い層に大変人気があります。