失敗しない注文住宅づくりとは!?特に重要なポイントを紹介


理想のオーダーメイド住宅を実現するために

コミュニケーションをとりやすい施工会社を選ぶのがポイントです。注文住宅とは文字通り、世界に一つしかないオーダーメイドの家になります。施工会社から見て最善な住宅が、依頼主にとって最善とは限りません。両者の考えには違いがあるのが当たり前ですから、十分なヒアリングを重ねて詰めていく必要があります。注文住宅づくりで失敗しないためには、住宅全体のバランスが重要になります。特定の部位にだけこだわりを反映させると、全体のバランスが悪くなってしまう可能性があるのです。具体的なイメージを掴むためには、建築模型を作ってもらうのが得策でしょう。建築模型を作らずに家づくりを依頼すると、完成後にエアコンの室外機が丸見えでショックを受けるなどの問題が発生することがあります。

生活動線に配慮した間取りの設定を

間取りは住みやすさに直結してくるので慎重に決めてください。リビングを広く確保したい、高齢者が住むのでバリアフリー空間にしたい、プライバシー性を重視した作りにしたいなど、依頼主によって要望は異なります。間取りの設定で大切なのは、生活する人がストレスを感じないことです。そのためには生活動線がカギとなり、動線に問題があると部屋内で人の混雑が起きてしまう可能性があります。特に水回りの設備で混雑が起こると不便を感じてしまうでしょう。スムーズな動線にするためには、大人二名が普通にすれ違えるだけの広さが必要になります。また家具が大きすぎると部屋を狭くするので、水回りの場所に問題がなくても動線が悪化してしまう可能性があるので注意してください。

名古屋の注文住宅を購入する際には、自分が建てたい家を得意とするタイプの会社を選ぶのがポイントです。会社ごとに得意ジャンルが異なるので、建てたい家とマッチしていれば仕上がりに期待できます。