どうすれば理想に届くのか!?注文住宅の業者の選び方


工務店かハウスメーカーか

注文住宅を建てるためには、建築業者選びをしっかりしなければなりません。大きな選択肢として工務店かハウスメーカーとなりますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。工務店は、地元密着で細かな要望を聞いてくれる可能性が高いですが、工期が長くなる可能性があります。反対にハウスメーカーは、雛型から大きく外れることは難しいですが、工期が短く、費用を抑えて建てることが可能です。

得意分野が理想に沿っている業者を見つける

業者選びで最も重要な点は、理想とする注文住宅を建てるための技術やノウハウを持っている業者を探すということです。注文住宅を建てる業者にも、得意分野というものがあります。ほかの業者が取り扱っていない素材を扱っている業者や外国の設備を扱っている業者など様々です。自身の理想に沿った得意分野を持つ業者を探せば、納得のいく業者選びをすることができます。

プロとしての意見を述べてくれる業者

質の良い業者を探すということも重要となります。注文住宅に対する理想を聞いてくれる業者はよいですが、それが現実的にどのような家になるのかを素人では判断することは難しいです。プロとしての意見を積極的に言い、デメリットもしっかりと話してくれる質の良い業者を選ぶことが必要です。

相性の良い業者を見つける

業者の担当者も人であるので、相性というものがあります。家造りは長い期間がかかるもので、相性の悪い担当者と付き合い続けることは、トラブルに発展しかねません。相性の良いと思う業者を探すということもポイントです。

アフターフォローも考える

注文住宅は建てて終わりというものではありません。住み始めてから何らかのトラブルや悩みが生じることもあります。それらのアフターフォローがある業者というのも安心できる要素でしょう。

3000万の家は、外観やインテリアなどの自由度があまり高くないものの、家族で暮らす分には申し分なく様々な職業の人から人気があります。