見落としがち?賃貸住宅選び方のポイント!

ドアを閉めて確認してなかった!

賃貸を下見したときには気づかずに、生活してみて不具合を感じた経験が過去にありませんか。生活してから感じる見落としがちな不具合を、事前に確認する事が賃貸住宅選び方のポイントです。物件を下見するときに、流し台や浴槽、トイレなど毎日のように使用する設備は、一通り触ったり座ったりして、使い心地を確かめてみるという方も多いことでしょう。しかし、生活を始めてからトイレに座りドアを閉めてみると、窮屈だったというケースが少なくありません。下見の際には、座ってドアを閉めてみて使い勝手を確認することをおすすめします。

車や人通りに関する確認不足!

朝から、たくさんの元気な子どもたちの声が響いて起きてしまった、車の通る音がうるさい等、これも住み始めてから気づく不具合のひとつで、確認していなかったという人が少なくないのではないでしょうか。契約前に車や人通り、通学路などの情報をあらかじめ管理会社に聞いておくことを心がけましょう。

扉や窓の開閉は全部確認する!

扉や窓の開閉の確認を全部はしておらず、生活を始めてから窓や扉がうまく開閉できない、開閉時にこすれるような音がする、鍵がかかりにくい、などの不具合も少なくないです。住み始めてから困らないように、下見の時によく確認をする、不具合があれば入居前に修理をしてもらうようにしましょう。

出る水の量が少ない!シャワーの水圧が弱い!

物件を見学するときには、水道が使用できる場合とそうでないケースがあります。いざシャワーを使おうと思ったら、水圧が弱い、シャワーヘッドが詰まっている、などのトラブルも考えられます。やはり事前にシャワーの水圧はどうなのか、壊れていた場合などは修理をお願いするなど、かならず入居前までに管理会社に確認して下さい。

恵庭の賃貸物件の周辺は、鉄道や高速道路が縦断していることもあり、道内の移動に有用です。隣接する都市には空港もあるため、遠方からのアクセスもできます。