家事の強い味方!スッキリ片付く「パントリー」を紹介

まとめ買い食材がスグに片付く

共働きの家庭など、休日に食品を「まとめ買い」する人が増えていますよね。ただ、買ってきたモノを置く場所があいまいだと、ダイニングに置きっぱなし…なんて場合も。そんなとき、スグに収納できるパントリーがあればスッキリ片付きます。パントリーとは、キッチン内や隣接した収納スペースです。食料品のストックや、季節の食器や調理用具の収納場所としてとっても重宝します!スッキリ片付いていれば、すぐ食材を見つけることができ、時短につながります。

広さはそんなに必要ない!?

広いほど良いと思いがちですが、パントリーは小さくても十分機能します。1畳程度の広さが確保できる場合は、冷蔵庫や電子レンジなどの家電を収めつつ、ある程度の収納量も確保できます。パントリーに冷蔵庫を入れる場合は、電源と冷蔵庫の搬入経路を確保しておきましょう。

1畳程度も難しい場合は、壁面タイプにするとよいでしょう。収納量が限られるので、しまうモノに合わせて棚板を細かく仕切れるように設計すると、空間の無駄がありません。よく使うモノは腰から胸の高さにしまい、高い位置は防災用の非常食などを備蓄すると、スペースを活用できます。

活用の幅をグンとアップするには?

パントリーに勝手口を設ければ、外とのモノの出入りに大活躍します。宅配商品を直接搬入したり、庭からのガーデニング雑貨を収納したりするなど、とっても便利。水気や汚れが気になる場合は、床を土間にするのがおすすめです。また、泥のついた野菜やごみの一時置場にも使えます。

パントリーは、モノの出入りが激しいキッチンを支える舞台裏のような役割です。使い勝手のよいパントリーを、ぜひ間取りに加えてみてください。

埼玉の注文住宅は、比較的広めの敷地に建てることが多く、ゆとりを持った二世帯住宅の間取りもプランすることができます。