注文住宅は工務店に依頼する?それともハウスメーカー?メリットやデメリットで比較!

工務店に依頼するメリットやデメリット

注文住宅は大規模な工事になるため、家造りの依頼先については悩みますよね。工務店は昔から注文住宅の工事を担ってきた地元密着型の業者です。木造の昔ながらの伝統的な在来工法を得意としているところが特徴で、木造住宅を建てたい方に適しています。リフォーム工事も得意分野の一つであるため、将来住まいの構造や間取りなどを変更したいときにも依頼でき、長く付き合うことができます。

工務店に依頼するメリットは、地域に密着した細やかなサポートが期待できるところです。何かあったときの対応力もよく、工事の変更の融通もききやすいです。一方でデメリットは職人気質で建築に強みはありますが、デザイン力に難点があり、家のデザイン設計は別の業者へ依頼しなければいけないこともあります。

ハウスメーカーのメリットとデメリットを知ろう

ハウスメーカーは、家のデザイン設計から工事まで、すべてトータルサポートしてもらえるところが特徴です。デザイン設計をする業者と、工事を依頼する業者を別に選ばなくていいので手間が省けます。メリットは、一貫して自社や関連業者で家造りを行えるため、住宅の品質や性能はそのままに設計や工事の経費を節約できるので、コストパフォーマンスの良い家を建てられます。ハウスメーカーは大手で実績のある業者も多いため、有名で安心感がありますが、全国にあるすべての事業所が優良だとは一概には言えません。そういったデメリット面もあるため、実際に住むエリアの事業所の評判はよくチェックしておきましょう。

狭小地に建てることが多い東京の注文住宅では、可能な限り空間を有効活用しようとする工夫を行っている家が多いです。