どうやって選べばいい?注文住宅の業者選び

得意分野とこだわりがかぶる業者

注文住宅を依頼することができる業者は数多くあります。メーカーや建築業者など種類も様々ですが、それぞれ持っている技術は同様ではありません。それぞれの業者に得意分野というものがあります。建築資材の取り寄せが得意という業者もあれば、デザインが特徴的な業者、海外の製品の取り寄せが得意な業者など様々です。その得意分野と、注文住宅に抱くこだわりが同じ業者を選ぶと、納得のいく注文住宅を建てることができます。キッチンにこだわりたいのに、キッチン内装に力を入れていない業者に依頼したとしても満足のいくものとはならないでしょう。そのため、まずはこだわりを見定め、そのうえで業者の得意分野を調べるといいです。

アフターケアーがしっかりしている業者

住宅は、建てたならばそれで終わりというわけではありません。住んでいくうちに様々な不具合が生じる可能性もあります。それらのトラブルを考えて、数か月おきに点検をしてくれる業者であれば安心できるでしょう。また、保証期間が設けられており、その期間内に生じたトラブルならば格安で修理してくれる仕組みがあれば、長く安心して暮らしていくことができます。

信頼できる相性の良い業者

どれだけ技術力が優れ、アフターフォローがある業者であっても、担当するスタッフのことを信頼することができないならば、納得のいく家造りとはならないでしょう。家造りは、数か月の短いものではありません。土地探しから始めたならば、年単位で時間がかかることもあります。その間ずっと信頼できないスタッフとやり取りすることは難しいです。そのため、信頼できるスタッフ、相性の良いスタッフがいる業者に依頼するということも重要なポイントです。

京都の注文住宅は、京都の街並みを大切にした和を基調として、作る会社が多いです。建築事務所によって、値段が変わってくるので、下調べは必要です。