時短が優先!駅近物件に住むメリットは多い


駅近に住むメリットって?

賃貸物件を探すとき、考える要素の一つが「駅から近いかどうか」だと思います。特に、車を持たない場合は、電車で通勤や通学をすることが多いですから、駅から自宅までの距離は大切なポイントです。駅近物件に住むことには、どんなメリットがあるのでしょうか。駅近物件に住めば、とにかく通勤や通学の時間が短縮できます。これは大きなメリットです。駅から30分歩いて帰る場合と比べると、駅近物件に住むだけでその30分は丸もうけです。これが毎日のこととなると、長い時間を得することができますね。

どんな人が駅近物件に向いている?

駅近物件に住むことは、防災や防犯の面からも得をします。思いがけない豪雨や台風などのときにも、駅まで帰ってこられれば、帰宅することができます。また、ひとり暮らしの女性にとっては、夜の暗い道を長い時間歩かなくてもいいですから、駅近物件に住むことで防犯効果がありますよね。それから、長い距離を歩いたり、自転車で移動したりすることが苦手な人も、駅近物件を選ぶとよいと思います。

駅近物件の家賃は高い?

駅近物件に住むデメリットとしては、家賃が高いということがあります。地方都市での一例としては、およそ同じ広さの部屋で、駅近物件とそうでない物件の家賃を比べると、5000円程度の違いが見られることがあります。家賃の高さは、確かに駅近物件に住むデメリットと言えます。ただし、せっかく家賃の安い物件を選んだとしても、駅から遠くてたびたびタクシーを使ってしまってはもったいないですよね。1カ月分のタクシー代が、家賃の差額と同じくらいになるのであれば、結果的には駅近物件を選んだ方がお得です。

千歳の賃貸物件を選ぶときには立地と丈夫さが重要です。大雪のときにも通勤などに支障がない物件を選びましょう。