どれくらいの高さがいい?キッチン台の高さの設定


作業のしやすさに大きく関係するキッチンの高さ

注文住宅を建てる際には、キッチンのデザインにこだわりを持つ人は多くいます。レイアウトや設備の種類、素材などにこだわって選ぶ人が多いですが、それと同等程度に重要なことが、キッチンの高さをどの程度に設定するのかということです。キッチンの高さは、使い勝手に大きく影響を及ぼします。毎日使うことになるキッチンの高さが、高すぎたり、低すぎたりすると、腰をかがめて作業をしなければならないなど作業がしにくく、次第に腰を痛めてしまう可能性が高いです。健康のためにも、適した高さのキッチンが非常に重要となります。

キッチンの標準的な高さ

キッチンの高さはある程度設定することができますが、標準的な高さというものが存在しています。作業台の高さは、基本的に80から90センチメートル前後が調理作業に適しているとされているため、およそ85センチメートルが標準的な高さといえるでしょう。ただし、身長の関係や使い方の関係でこれよりも低い方、あるいは高い方が使いやすいという人は多いです。

キッチンの高さを決めるには

キッチンの高さを身長で決める場合、簡単な計算方法があります。身長を半分に割ったうえで5センチメートルを足した長さが、適したキッチンの高さとされています。この高さの作業台で作業すれば、スムーズに作業することができる可能性が高いです。対面式のキッチンの場合、作業台がそのまま食事スペースとなるので、食事をしやすい高さに設定することもあります。その場合は、椅子に座って食事をするのに適した70センチメートル程度の高さにするとよいでしょう。このほか対面で食事する人と作業する人が会話しやすい高さなどもあるので、ライフスタイルに合わせて設定するとよいです。

注文を受けてから建築を始める注文住宅には二つの種類があります。新築に関する全ての仕様を施主が決定するフルオーダー住宅と基本的に決まった仕様の中で一部分の内容や間取りを施主が決めるセミオーダー住宅です。